4コマ漫画(資格勉強編) 13話:宅建試験直前期

宅建直前期

前回の続き

2018年9月のFP2級試験の自己採点の結果で凹んでいたけど
次の月(10月)には宅建試験の日があった。
いつまでも凹んでいられない。

悔しさをバネにして頑張るしかない!!

10月に入ってから直前期の勉強をやる予定だったけど前倒しで
本試験方式の解答用紙に、2時間の制限時間をつけて過去問を解いた。
(それまではテーマ別になっていた過去問はちょこちょこやっていたけど
 通しで50問はやっていなかった)

過去問の統計の問題はやっても仕方が無いので除外、なので全49問。
大体、90分~100分ぐらいで全ての問題が解けた。
一番最初にやったのは平成19年の過去問。
結果は25/49 合格点35点

次の日は平成20年の過去問、次は21年とやっていたが
30点以上が全然取れなかった。
市販模試もやったけど最初にやったときは合格点に届かなかった。

やってもやっても伸びない点数。
迫る試験日、焦る気持ち・・・・
間違えた問題はテキストに戻って復習、理解力を高めていった。

毎日やる予定だったけど試験方式で時間制限をつけてやる勉強は
テキストを読むだけと違って頭も使うし、とても疲れた。
仕事で疲れていた日は休んでしまった事もあった・・・・。

直前期でやった過去問9年分、宅建業法部分のみ10年分。
市販模試3回分。
点数がとくに悪かった過去問は2回やった。当然、点数は増えたけど
同じ問題で間違えてる事も多かった。
独学ゆえに変な覚え方しちゃってるやつです。もう覚えなおすのは無理だから諦めた。

中古で買った2016年(2年前)のテキスト(400円)で勉強をしていたので
テキストに載っていなかった法改正部分のインスペクションなどは
動画サイトにあった無料講義などを聴きながら、特に念入りに勉強をした。

もう来年は同じ勉強をしたくないってほどに勉強したと思う。
間違いなく、今までの人生で一番勉強をした!!

いよいよ本試験当日、なんとなくいける気がしていたが・・・・・・

つづく