この世界は仮想現実世界?シミュレーション仮説の仮想現実論

仮想現実論

考えてはいけないテーマ、シミュレーション仮説の話

最初に結論を書いちゃいますね。
現実か、仮想現実かどうかはどっちかわかりません!!
この記事はどっちかわからないのを楽しむ記事なので、好きな人はどうぞ~。

世界の誕生

皆さんはこの世界がどうやって誕生したのか知っていますか?

はるか大昔、ビッグバンが起こり、宇宙が誕生して、今から46億年前に地球が誕生して、さまざま生物が生まれ、進化に進化を重ねて人類が誕生して文明を築き、今の世界が出来上がった。
【インフレーション理論】

と、一般的に言われていますね。
教科書にもそう書いてあった。有名な科学者もそう言ってる・・・。

ビッグバンと言うのは大爆発です。
宇宙が誕生する前の空間は『無』と言われてるけど、『無』でどうしてビッグバンが起きたのか・・・?

人類誕生以前に世界誕生にはまだ謎が多いです。
このビッグバンで宇宙が誕生したのも『ビッグバン説』にすぎないのです。
(ビッグバンは宇宙は昔熱かったって痕跡から導かれた可能性の一つです)

世界仮想現実説

身近な例えで、ゲームの世界で例えるなら悪い魔王とモンスターが人間を滅ぼそうとしている世界

はるか昔、地球が誕生して、進化の過程で人間とモンスターが生まれた!
って設定のゲームとします。
その世界では人間たちは魔王とモンスターが居る世界が当たり前なので、そういう設定について疑う事をしません。それが現実だと思っているので全てを受け入れています。

すなわち、この世界もそういう設定(ビッグバン説)の
何者かが作り出した世界なんじゃないの?ってぶっ飛んだ仮説です。

では、本題に入りますね。

この世界は仮想現実世界?

これはオックスフォード大学のニック・ボストロム教授が
提唱したシミュレーション仮説です。
投資銀行のメリルリンチが発表した経済予測レポートには、
「この世界が何らかのシミュレーション世界である可能性が20~50%ある」
と発表されました。

地球も宇宙も全て、シミュレーション仮想物であり、人間の行動1つ1つも何らかのプログラムで動いてる。
反対している人も多いけど、これも証明が不可能なんですねー。だから仮説

現実世界の証明は不可能、仮想世界の証明も不可能。
冒頭に書いた考えてはいけないテーマとは答えが出ない話だからです。

りりこ
面白いけど、とんでもない仮説ですよね
この説がある理由の一つにバグの存在がある。
幽霊を見たとか、前世の記憶がある人が現れたりとか、奇妙な現象が起こったりしていますよね。これらは日本以外でも発生してます。ポルターガイストなどの怪現象ね。

幽霊について
幽霊の居る居ないはここでは考えないでおいてください。
でも見えると言ってる人がいますよね。
嘘なのか?嘘を言っているようにも見えない人も居る。
私は見えないので知らないです。

ミクロの世界では不思議な事も起こります。
物理学で説明の出来ない二重スリットの実験の話が良い例ですね。

この世界は素粒子(凄く小さな粒)で構成されています。
美しい森も全て粒の集まり。
りりこ
パソコン画面で言うところのドットです
私の描いたイラストも拡大すれば点の集まりです

世界には無限が存在しない

温度も限界はあります。マイナス273.15℃の絶対零度。
絶対熱もあり、理論値では1420000000000000000000000000000000℃(14溝2千穣)とされています。
もっとも早い光の早さにも限界があり、太陽ですらも寿命が存在する。
宇宙の広さも有限である。果てしなく広い空間ではあるけど無限ではない。
(コンピューター上の世界だと無限を作ってしまうとフリーズするから限界がある)

光速を超える
光の速さを超えると時間の流れが遅くなる現象が発生する、コンピューターのラグや処理落ちのようですよね。
※時間の流れすら存在しない説もあるけど時間軸が実在する前提での話です。

仮想現実世界と想定すると説明が出来るようになります。

近年話題のVR(バーチャル・リアリティ)仮想現実。
五感の全てが仮想現実で体験できたとしたら、それはもう現実と変わらなくなっちゃいますよね。(フルダイブ)

これはすごいリアルな夢なんじゃないか・・・・?
と、考えた事がある人も多いのではないでしょうか。

現代のコンピューターでは無理でも、それが可能なコンピューターや文明があっても不思議ではないよね。

未来の世界? 高度な文明の星の技術? 別次元の世界かもしれません。
我々人間より高度な技術をもった何者かによって観測されている可能性も0ではないのです。



世界は数式で成り立っている?

フィボナッチ数列と言うのをご存知ですか?
13世紀イタリアの数学者、レオナルド=フィボナッチが考え出したと言われている数列です。

1,1,2,3,5,8,13,21,34,55,89,・・・・
1 1から始まって前の数字を足して並べていった数列です。
黄金比とも関わりが深いのです。(黄金比が何かは自分で調べてね)

この数列、自然界にも繋がりがあります。
花や葉っぱの生え方、カタツムリや松ぼっくりなどなど・・・・
人のDNA、二重螺旋構造も黄金比のデザインとされている。
台風や宇宙の銀河の渦もフィボナッチ数列で成り立っている。

黄金比を見ると、人は美しいと感じる。誰に教えられたわけでもなく本能的に美しく感じる。

まったくの別物なのに、自然界には数字の法則がある・・・?
何かのプログラムみたいですよね。
コンピューターの世界も、元を辿ると1と0の数字の世界。

りりこ
植物も動物も宇宙も全て数字の法則で成り立っているなんて・・・・

現実の世界も元を辿れば数字で出来ているのかもしれませんね。

結局どっちなの?

私たちはゲームの世界(仮想世界)の住人であり、我々が神と呼ぶ存在、観測者が居るのかもしれない。

りりこ
観測者の存在に気がついたら消されてしまうかもしれませんね
現実が仮想世界なのか、仮想世界が現実なのか。
まさに胡蝶の夢

最初に書いたように・・・・
結局わからないって事です!!
結論が知りたい人はモヤモヤしてしまうかもしれませんね。
だから仮想現実論は面白いんですよ。

だからどうしたの?と言われればそれまでなんだけど、自分達の存在すら疑問に思う生物は地球上でおそらく人間だけでしょう。

りりこ
悪い意味ではなく、常識に囚われない発想が出来るって意味です
人類の文明はこうして未知の可能性を追求する事で発展してきました。
シミュレーション仮説は数ある仮説の一つですが、興味深いです。

りりこ
仮想現実だとしても、怪我をしたら痛いし
美味しい物食べたら幸せな気分になるし、普通に生きるだけだよね
観測者が居たとしても、あなたの人生はあなたのものですよ

この世界は三次元と言われていますね。
もし別次元があるとしたらどんな感じ?多次元世界を考える話はこちら

知識系情報一覧

2019年6月2日