4コマ漫画(資格勉強編) 2話:理解力

過去問理解力

過去問理解力

資格勉強編二話:理解力

前回の続き。

宅建士の勉強をすると決めたい以上は簡単にあきらめたくなかったから
毎日のようにテキストだけは読んでいた。
読んでたというより眺めていたと言うべきかな・・・。

見ているだけでも法律用語に慣れてくるので
完全に無駄ではないんだけど、理解しているかどうかは別。
なんとなくわかった気がしてた。

無謀にも過去問にチャレンジしてみた。
ろくに勉強をしてこなかった人間だけど
過去問の重要性は知っていた。
まったく同じ問題は出題されることが無いから
過去問は意味がないと考える人も居るけど
過去問が解けない実力では本試験の問題が解けないと言う事。

どんな問題が過去に出たのか・・・・
本試験の問題出題形式に慣れる為にも過去問は避けて通れない。

結果は・・・・全然わからなかった。
テキストのどの辺で読んだ内容かどうかしかわからず
問題は解けなかった。そもそも問いの意味すらわからなかった。

再びテキストに戻ってひたすら読む。

最初に読んだときよりもわかった気がしてくる。
過去問のわからなかった問いの明らかに間違ってる選択肢が見えてくる。

こうして繰り返すことで生まれる理解力

試験問題は四肢択一(4つの中から1つを選ぶ)で50問
間違ってる選択肢を見つけることで正解率を上げやすくなるのです。

つづく。