4コマ漫画 猛烈寒波

猛烈寒波

猛烈寒波

前回の続き。

2017年の12月にラニーニャ現象発生
2017年~2018年の冬は大雪が続く厳しい寒さとなった。
東京でも水道の凍結、20センチ以上の大雪が降った年だった。

住んでいるアパートは隙間風が入るボロアパート。
部屋の中の冷え込みも厳しかった。
結露のしない部屋と言えば聞こえはいいけど
外と変わらないような部屋です。

それでも最初の頃はガス代や電気代を抑えたり
努力はしていました。

洗い物をする時はゴム手袋をはめて
水の冷たさをごまかしたりしてたけど
料理の時はゴム手袋は使いたくなかったから素手でやってた。
とにかく水が冷たかった。

部屋が寒いときもエアコンの使用は極力控えていて
厚着をしたり、電気毛布で凌いでたけど
室温は5℃以下・・・寒かった。

そんな生活を続けていると手に違和感を感じるようになった。
指を曲げると痛く、押すと強い痛みが走るようになっていた。
朝、起きると手がありえないぐらいに腫れていて
指が曲がらなくなっていた。

しもやけだった。

赤く腫れて、ひどい箇所は紫色に変色して
治るのに二週間はかかりました。
ひどかった場所は痕が残ってしまった・・・・

そのしもやけになってから洗い物が多いときはお湯を使うようになり、
部屋が寒いときはエアコンを使うようになった。

節約生活も大事だけど、一番大事なのは健康。
働ける自分自身がダメになってしまったら全て終わりなのです。
この生活・・・・長く続けたら身が持たない。そう思った瞬間だった。

次回、底辺生活から抜け出す決断をする話です。