どん底から這い上がるには 私が試している5つの事

どん底から這い上がる

どん底から這い上がる

どん底から這い上がる方法。
もし確実に這い上がる方法があるなら私が知りたいぐらいです。
人生はみんな違うから正解なんて無いと思う。

私が試している5つの事。
(この記事を書いている時まだ這い上がる途中です)

1、プライドを捨てた!

どん底から這い上がろうとする時、イメージだけど上のイラストのように
崖っぷちにしがみついて上がろうとしていきます。
その時に落とそうとしてくる人もいれば、手を差し伸べてくれる人もいる。
誰の助けも借りずに自力で這い上がる事ができれば、カッコイイかもしれない・・・・
でも私は誰かに助けを求める道を選んだ。
カッコ良さなんて生きていくうえで何も意味がないんだと。

困ってるから誰か助けてって声を出した。

辛い時は励ましてくれる人がいて、困ってるときも
精一杯助けようとしてくれる人が居た。
人は一人で生きているわけじゃないって言うのがよくわかった。

2、人と比べるのを辞める!

小さい子供でも人生の不公平さを感じていると思う。
あの子はお年玉が多いとか、お家が広いとか・・・。
人生は公平ではない。
同じ歳でも結婚をして幸せに生活していたり
年収も倍ぐらいだったり、羨んでも現実は何も変わらない。
上を見ても下を見てもいっぱい居る。

だからこそ、人と比べても意味が無い。

3、失った自信を取り戻す!

どん底に居ると自分がどんどん腐っていった。
自分はダメな人間だと考えてネガティブになっていく。
良い未来がどんどん遠のいていく気がした。
そうすると頑張る力も出てこない。何も変われない・・・・。

このままではいけないと思って、自己啓発本を読み漁った。
読んでも意味が無いと言われることも多い自己啓発本。
私はそうは思わない。

失った自信を取り戻すきっかけには大きく役に立った。
読んだら自信が沸いてきた。
自分はやれる!!って気持ちが沸いてきて
ネガティブな感情も読む前より少なくなっていた。

4、今やれることを頑張る!

一度どん底に落ちてしまうと這い上がるのが大変だ。
心も折れてしまって、やる気も出ないかもしれない。
でも何もしないと何も起こらない。
自分が動いて変化を出さないと変われない、それは自分の人生だから。

私は学歴も低く、スキルも無い自分に絶望していた。
スキルも無い自分に出来ること・・・・
スキルが無いなら取ってしまえばいい。
そして私は資格の勉強を始めた。

努力の結果が必ず成功するとは限らないけど
努力したことで無駄になることは無い。
そのまま何もしない凹んでる時間は絶対にプラスにならないから。
まずは自分のやれる範囲で動いていこう。

人は裏切るかもしれないけど
努力した自分は裏切らない!

5、悪しき習慣を見直す!

休日にだらだらする事が多かった。
仕事で疲れてるから、ストレスが溜まってるから、自分に言い訳をしつつ
だらだら過ごす事を正当化していた。

崖っぷちに捕まっている状態で、だらだらしていたら力尽きて落ちるだけだよね。

早起きが苦手だったけど自分の決めた時間に起きる生活をするようにした。
眠かったけど続けていくうちに眠くならなくなって
無駄に寝ていた朝の時間が確保できるようになった。

自由に使える時間。勉強や運動、有意義に使うことにした。

まだ這い上がれてないけど良い方向に進んではいます。